医療脱毛でワキガになる?

施術後の金属臭の正体は?

医療脱毛のスタッフ

 

医療脱毛のレーザーで脇の下のムダ毛を脱毛したあと、脇の下から金属のような臭いがするようになった、という方がけっこう多くあります。脱毛するとワキガになるという、妙なウワサも耳にしたことがあるかもしれません。

 

生身の体から無機的な金属臭がするというのは、ちょっと驚きますが、実は同じ証言はワキガの方の中からよく聞かれます。

 

体というより汗が臭っているのですね。ということは、レーザー脱毛を受けてワキガになってしまったのかというと、そうではないので安心してください。

 

ワキガは、汗腺の一種であるアボクリン腺から分泌された汗が皮膚常在菌に分解されることで発生する臭いをさしますが、アポクリン腺が原因の臭いの中には、「金属臭」は含まれていないのです。

 

では、ワキガと心配になる臭いの原因は何かというと、体内のミネラル、特に鉄分が、汗と一緒に排出され、それがにおっていると考えられています。汗に塩辛い味があることからもわかるように、汗をかくと体内のミネラルも一緒に流れ出るのはふつうの現象ですが、金属臭がするほど汗がミネラルを含んでいるのは、やはり健康な状態ではありません。

 

疲労が臭いの原因になっていることも

汗腺の機能が何らかの原因で低下していたり、または疲労物質である乳酸が増えると金属臭が強くなるというデータもありますから、体が疲労していることも原因として考えられます。

 

改善策は、疲労をためすぎないことや、汗腺の働きを促進することです。単純に汗をかく機会が少ないと働きが低下しますから、適度に汗をかくようにしましょう。運動でもよし、お風呂で汗を流すのもよいでしょう。入浴は疲労回復にもつながりますから、おすすめです。

 

しかし、これらのことから考えても、脇の下に医療脱毛を受けた結果、金属臭がするようになったというのは、すっきり納得がいかないものがあります。医療脱毛が原因で起こる「汗」のトラブルはいくつか報告されていますが、原因や、トラブルが発生するメカニズムについては、明解になっていない部分がまだ多いですね。

 

ただ、上記のことから想像すると、医療脱毛のレーザーによって汗腺の働きが低下した、ということも考えられます。

 

一般には医療脱毛の施術は患部に熱を受けるので汗腺は活性化するといわれますが、レーザーのような高温の場合は、汗腺がダメージを受けるのかもしれません。研究が待たれますね。